FANVOお役立ちコラム

FANVOお役立ちコラム

LINE公式アカウントは無料でも十分使える!利用できる機能を徹底解説

「LINE公式アカウントを使いたいけど、費用をかけたくない」                 「無料のプランで使える機能はなにがある?」                          このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

本記事では、LINE公式アカウントの費用や無料プランの機能について解説します。無料でも利用できる機能を全て解説しますので、ぜひご一読を。

LINE公式アカウントの基本機能は無料で利用可能

LINE公式アカウントの基本機能は無料で利用することができます。ここでは、LINE公式アカウントにかかる費用について解説します。

開設・運用コストは0円

LINE公式アカウントの開設・運用にかかるコストは0円です。どのプランを選んでも開設に費用はかかりません。

有料プランとの違い

LINE公式アカウントには3つの基本料金プランがあります。無料のコミュニケーションプランと有料のライトプラン・スタンダードプランの3種類です。

無料のコミュニケーションプランの場合は、無料メッセージ通数が200通に限られている点と追加でメッセージを送れない点が有料プランとの違いです。

https://www.linebiz.com/jp/entry/

メッセージ通数にカウントされる対象メッセージの種類

メッセージにはプランの無料メッセージ通数にカウントされるものとそうでないものがあります。どのメッセージがカウントの対象なのかをまとめましたので、確認しましょう。

【メッセージ通数の対象】

  • メッセージ配信(セグメント配信含む)
  • Messaging APIの「Push API」「Multicast API」「Broadcast API」「Narrowcast API」

【メッセージ通数の対象外】

  • 友達追加のあいさつ
  • LINEチャットの送受信
  • キーワード応答メッセージ
  • AI応答メッセージ
  • Messaging APIの「Reply API」

無料でも利用できる基本機能はこちら

LINE公式アカウントの無料のフリープランを選んでも利用できる機能は豊富にあります。ここでは、無料でも利用できる基本機能を解説していきます。以下は無料で利用できる基本機能一覧です。

  • メッセージ配信
  • チャット(旧1:1トーク)
  • LINEコール
  • 自動応答メッセージ
  • ステップ配信
  • リッチメニュー
  • リッチメッセージ
  • カードタイプメッセージ
  • ショップカード
  • LINE VOOM投稿
  • プロフィール
  • クーポン
  • リサーチ・アンケート
  • 友だち追加広告
  • 情報分析
  • ポスターデータ作成

メッセージ配信

LINE公式アカウントを友だち追加してくれた人に対して、一斉にメッセージ配信をすることが出来ます。送り先は「友だち全員」と「絞り込み配信」を選ぶことが出来ます。

チャット(旧1:1トーク) 

友だちとのチャット上でのメッセージは無料メッセージ通数にカウントされませんので、無制限にやりとりをすることが出来ます。

なお、LINE公式アカウントから先にメッセージを送ることはできず、ユーザーに先にメッセージを送ってもらう必要があります。

LINEコール

LINEコールは、LINE公式アカウントの通話機能です。ユーザーがLINE公式アカウントに無料でLINE電話をかけることができます。LINEコールを受けるためには公式アカウント側で設定をする必要があります。

自動応答メッセージ

友だちからのメッセージに対して、自動でメッセージを返信してくれる機能です。自動応答は「応答メッセージ」と「AI応答メッセージ」があります。

ステップ配信

ステップ配信とは、「LINE公式アカウントを友だち追加してくれたO日後に」決まった配信をする機能です。友だち追加をきっかけに、好きなタイミングで好きな配信を送ることで、適切なタイミングでの訴求ができます。

リッチメニュー

リッチメニューとは、ユーザーのトーク画面下部に表示されるメニューのことです。予約、問い合わせなど好きなメニューを配置して、ユーザーのニーズに応えられるメニューを自社でアレンジすることが可能です。

リッチメニュー

リッチメッセージとは、ユーザーに送るメッセージに画像や動画を組み合わせることができる機能です。通常のメッセージよりインパクトがあるので、ユーザーにより効果的に訴求できます。

カードタイプメッセージ

カードタイプメッセージとはスワイプして複数の画像を見ることができるメッセージをユーザーに送ることができる機能です。

プロダクト、ロケーション、パーソン、イメージの4種類のカードタイプに情報を入力するだけで簡単にカードタイプメッセージを作成することができます。

ショップカード

ショップカードはLINE上でポイントカードを作成できる機能です。枚数の制限なく発行することができるので、紙のカードを発行するコストを削減できます。

LINE VOOM投稿

LINE VOOM投稿はLINE VOOM(旧タイムライン)に文章・画像を投稿できる機能です。友だちになっていないユーザーにも訴求できる可能性があります。

プロフィール

プロフィールには、営業時間や電話番号などの基本情報はもちろん、写真やクーポンなど、さまざまな情報を載せることが可能です。

クーポン

LINE公式アカウントでクーポンを発行することもできます。さらにクーポンを開封した人数、クーポンを利用した人数、年代、性別、居住地などの情報を把握することもでき、効果的なクーポン作りに活かすこともできます。

リサーチ・アンケート

リサーチ・アンケートは、友だちにアンケートを依頼することでユーザーの意見を収集できる機能です。回答者にはお礼のクーポンを送ることができ、来店に繋げることも出来るでしょう。

友だち追加広告

友だち追加広告は、LINEアプリ内に広告を出して新たな友だちを獲得することが狙える機能です。管理画面から画像を作成して広告を作成し、エリア、性別や年齢を絞り込んで広告を表示することが出来ます。

情報分析

情報分析は、友だちの追加数やブロック数、メッセージの開封率、タイムライン投稿のインプレッション数、クリック数などの情報を無料で把握することができます。

ポスターデータ作成

ポスターデータ作成は、LINE公式アカウントのQRコードのついたポスターをダウンロードできる機能です。これまで認証済みのアカウントしかポスターデータをダウンロードできませんでしたが、未認証アカウントにも提供開始しました。

まとめ

LINE公式アカウントは無料でも利用できる機能が豊富に用意されています。便利機能を使いこなして、LINE公式アカウントでユーザーに効率的に訴求をしましょう。

FANVOを導入すればLINE公式アカウントの運用を更に効率化できます!

本記事で解説したとおり、LINE公式アカウントには便利機能がたくさん用意されています。しかし、便利機能がたくさんありすぎるため、上手い運用方法を見つけるのが大変です。

我々「FANVO」は、LINE公式アカウントの運用をサポートします。さらにLINE公式アカウントだけでは不可能な細かいユーザーの絞り込みや、リアクションのないユーザーへのアプローチも「FANVO」なら可能です。

LINE公式アカウントの運用がお店や企業の業績に大きく関わる今だからこそ、私たち「FANVO」の出番です。リクエストに合った丁寧なサポートを行います。                       LINE公式アカウントの運用でお困りの際は、ぜひ、私たち「FANVO」にご相談ください。

【FANVO】https://fanvo.jp/

関連記事

LINE公式アカウントのQRコードを表示・印刷して活用する方法を解説

LINE公式アカウントのQRコードを表示...

LINE公式アカウントへの返信は他の人に見えるのか?気になる不安にお答えします

LINE公式アカウントへの返信は他の人に...

LINE公式アカウントを作成したことは友達にバレる?個人ラインとの関係も説明

LINE公式アカウントを作成したことは友...