FANVOお役立ちコラム

FANVOお役立ちコラム

LINE公式アカウントの支払い方法を料金プランと共に解説!

「LINE公式アカウントの支払いは何が使える?」
「請求書支払いも可能?」
このようなお悩みをお持ちではないでしょうか。

本記事では、LINE公式アカウントの支払い方法について、料金プランやアカウントの種類と共に解説します。

LINE公式アカウントの支払い方法

LINE公式アカウントの支払い方法を解説します。LINE公式アカウントの支払いは以下の方法が利用できます。

LINE Pay

一つ目は、LINE Payでの支払いです。LINE Payとは、LINEが提供するスマホの決済サービスであり、クレジットカードからのチャージで支払いをすることができます。

クレジットカード

二つ目は、クレジットカードでの支払いです。支払い方法の登録の際に、クレジットカード番号等の情報を入力しておけば、クレジットカードでの支払いが可能になります。

請求書払い

最後は、請求書払いです。株式会社ラクーンが提供するPaid(ペイド)という決済サービスを利用して、請求書払いをすることができます。

ただし、請求書払いを利用できるのは認証済みアカウントのみで、未認証アカウントは請求書払いを利用できません。

以下、支払い方法をまとめた表です。

認証アカウント未認証アカウント
LINE Pay
クレジットカードVISA、Master、JCB、AMEX、DinersVISA、Master、JCB、AMEX、Diners
請求書払い×

支払いについての設定と手順

続いて、LINE公式アカウントの支払いについて、設定と手順を解説します。

支払い方法の登録手順

まずはLINE公式アカウントの管理画面にログインします。

https://www.linebiz.com/jp/login/

アカウント一覧から、支払い方法を設定したいアカウントを選択します。

アカウント画面右上の「設定」をクリックします。

画面左の「利用と請求」タブの「月額プラン」をクリックし、画面左上の「お支払い方法を登録」をクリックし、支払い方法を登録する。

支払い履歴の確認方法

管理画面ログイン後、「設定」⇨「利用と請求」の「お支払い履歴」から支払い履歴を確認できます。

支払い方法の変更

管理画面ログイン後、「設定」⇨「利用と請求」の「お支払い方法」から支払い方法の変更ができます。

LINE公式アカウントの料金プランについて

最後にLINE公式アカウントの料金プランについて、解説します。

3つの料金プランと特徴

LINE公式アカウントには以下の3つの料金プランがあります。

コミュニケーションプラン:月額固定費が無料で利用できるプランです。月に200通のメッセージを送ることができます。200通を超えて追加でメッセージを送ることはできません。

ライトプラン:月額固定費5,000円で利用できるプランです。月に5,000通のメッセージを送ることができます。追加でメッセージを送ることはできません。

スタンダードプラン:月額固定費15,000円で利用できるプランです。月に30,000通のメッセージを送ることができます。1通あたり3円以下で追加メッセージを送ることもできます。追加メッセージの料金は送る量が増えるほど、1通あたりの費用は安くなります。

3つの料金プランをまとめたのが以下の表です。参考にしてみてください。

https://www.linebiz.com/jp/entry/

料金プランの変更について

イベントなどの繁忙期には有料プランに変更するなど、LINE公式アカウントの料金プランを柔軟に変更することで、お得に利用することも可能です。

ただし、プラン変更の反映は申請月の翌月になりますので、計画的にプラン変更の申請をしましょう。

まとめ

LINE公式アカウントの支払い方法はLINE Pay、クレジットカード、請求書払いから選ぶことができますが、未認証アカウントは請求書払いを利用することができません。

本記事を参考に、支払い方法の登録、確認や変更をしてみましょう。また、料金プランの変更を行う場合は、反映が翌月になることに注意をして、計画的な申請を行いましょう。

FANVOの導入でLINE公式アカウントの運用を最大限効率化できます!

LINEは言わずと知れたユーザー数の多いアプリです。それゆえ、LINE公式アカウントを利用した訴求は非常に効果があり、そのための便利機能がたくさん用意されています。しかし、便利機能がたくさんありすぎるため、上手い運用方法を見つけるのが大変です。

我々「FANVO」は、LINE公式アカウントの運用をサポートします。さらにLINE公式アカウントだけでは不可能な細かいユーザーの絞り込みや、リアクションのないユーザーへのアプローチも「FANVO」なら可能です。

LINE公式アカウントの運用がお店や企業の業績に大きく関わる今だからこそ、私たち「FANVO」の出番です。リクエストに合った丁寧なサポートを行います。

【FANVO】https://fanvo.jp/

関連記事

LINE公式アカウントのQRコードを表示・印刷して活用する方法を解説

LINE公式アカウントのQRコードを表示...

LINE公式アカウントへの返信は他の人に見えるのか?気になる不安にお答えします

LINE公式アカウントへの返信は他の人に...

LINE公式アカウントを作成したことは友達にバレる?個人ラインとの関係も説明

LINE公式アカウントを作成したことは友...